チョイ悪親父の、水泳と海外出張の回想録です。健康の為に、仕事は無理しません (^_^;)


by loveswim1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2009国際ゴールドマスターズ京都大会

国際大会初出場。
9月5日、6日の2日間、京都アクアアリーナプールにて開催されました。
水泳競技は、50歳以上、陸上競技は55歳以上が、出場資格があります。
今回は初めて、水泳と陸上の同時開催だそうです。
水泳競技は、参加1070名で、国内は、北は北海道から南は沖縄、
海外からの参加者もあり、まさに国際大会でした。
スタート合図は、英語です。
飛び込みプールの最上段には、聖火台もあり、まさに国際大会の雰囲気をかもしだしていました。
勿論国際大会ですから、ルールも厳格で、特にフライングは厳しく判定していました。

吾輩は、初日の50mブレストと2日目の50mフリーの2種目に参加しました。
新チームに移籍して、初の試合です。
今回はチームから3名が参加。
初日朝8時出発で、一路京都へ。
実は、仕事上のトラブル発生で、前夜は3時間程の睡眠しか取れず、
身体が非常に熱ぽい状態でした。
現地に11時頃到着して、しばし観戦。
短水路大会で、何度か泳いでいるプールですが、長水路では初めてです。
建物自体が大きいので、プールは、短く見えます。
到着して、観戦してると、リレー種目が行われており、その中の一つのチームが、
何と、合計年齢が360歳以上と言う恐ろしいチームでした。
一人平均90歳、最高年齢が96歳です。
これぞまさにスーパーマン集団です。生きていることだけでも難しい年齢なのに
長水路のプールで、飛び込んで泳ぎ切るなんて、本当に見ていて感動ものでした。
まさにゴールドマスターズです。

チームメイトのレース前に、UPを行う予定が、仕事の電話で1時間程潰されて、
会場内で話せないので、屋外で喋っていたら、全身に滝のような汗が流れて、
会場に入ったら、寒く感じてしまいました。
急いで着替えてサブプールに行き、軽くUP。
完全に体調がおかしい、とにかく200m程軽くUPして、会場に戻り
チームメイトの100mフリーを観戦。
前半の入りは。予想通りのタイムでしたが、練習不足がたたってか、
後半は、完全に失速でした。本人も納得行かないレースだったと思います。

いよいよ、我輩の出場種目の50mブレストです。
吾輩は最終組の12組、10コースの競技会なので、大体ブレストだけで、
110人~115人程の参加者です。
エントリータイムでは、2番目ですが、トップは、世界新を出している、
スウェーデンのMrグレンです、エントリータイムが、31秒台です。
日本新より2秒ほど早い、まさに怪物ですね。
ただ、非常にフレンドリーな奴で、結構日本語も喋ります。
後で、聞いたら親善大使らしいです。
来年の世界マスターズがスウェーデンでの開催らしいです。
こんな選手と一緒に泳げるのも国際大会ならではですね。
自分の体調は最悪で、先週の大会終了後、1度しかプールに行けずでしたが
兎に角頑張ろうと思いました。

take、your、marksの声が掛かり、ピストル音でスタート、
いつもの状態で1カキ、そして1ケリ、ヤバい浅すぎた
ケリは完全に空ケリ状態あせってしまい、その後も全然加速せず
30m過ぎで、前を初めてみたら、グレンは、すでにかなり前方です。
それを見て焦りましたが、身体が動かずゴール。
タイムは・・・・、36秒18
自分でも、えっ?何かの間違いではと思うような最悪のタイム。
先週より、1秒以上のタイム差があります。
自分でも解らない状態での、初の国際試合でした。
順位は7位と、マスターズ参加以来最低の順位です。
国際大会なので、8位までが入賞なんでメダルは貰えたけど、
こんなに嬉しくないメダルは初めてです。
精神的、肉体的ボロボロ状態で、1日目が終了しました。

競泳復活から今回まで。(リレーを除く)
出場回数 76 優勝 54 第二位 8 第三位 8 三位までの入賞率92.10%
e0091904_15451212.jpg

[PR]
by loveswim1 | 2009-09-07 15:43 | 試合結果