チョイ悪親父の、水泳と海外出張の回想録です。健康の為に、仕事は無理しません (^_^;)


by loveswim1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

自分の足跡(監督編)

今までの水泳生活の中で、指導して頂いたのは2人です。
この2人に共通しているのは、あまりフォームをいじらないと言う事です。
これが私には合っていたと思います。
私の水泳生活で一番お世話になったのは高校時代の監督のIT先生です。
現役時代は、あと1歩で日本新記録を出せた位の実力者でした。
国体は常連で、優勝経験も何度かお持ちです。
教え子にも絶大な信頼があり、私j自身も今でも酒を酌み交わす仲です。
その先生の指導は、徹底した基礎練習の反復でした。
距離を泳がす訳でもなくて、P・K・Sこれを毎日やりましたね。
だから、家の高校は長い距離に強い選手は少なかったけど、短距離では日本有数の
選手を沢山輩出していました。
私が短い距離が得意なのは、監督の指導の賜物でしょうね。

2人目は大学の監督のT先生
この人はオリンピック選手を何人も育てていて、自身もオリンピック選手です。
特に平泳ぎでは、この人の右に出る人は居ないでしょう。
今の日本水泳界が比較的ブレストが強いのもこの人のおかげじゃないかな。
大学では途中から来たので、私たちが引退するまでは遠慮してたと思います。
素材も居なかったから、急に凄い練習をしても誰もついていけないからね。
T先生には技術的な事は教わった記憶が無いけど、モチベーションの保ち方や
レース前のリラックスの仕方等を教わったかな。

一番影響を受けたのは高校時代の監督ですね。
お二人とも元気にされていますので、NRを出せたら是非報告に行きたいですね。
[PR]
by loveswim1 | 2005-10-15 11:43 | 水泳